「3 ベット」という語は、特に新しいプレイヤーの場合、混乱を招きがちです。よくあるのは、新しいプレイヤーが、「3 ベット」とは前のベットのおおよそ 3 倍にベットをあげることと勘違いすることです。このような仮定がどのように起こるかは、容易に理解できます。最初に、「3 ベット」の正しい定義を考えてみましょう。

3 ベット = 一連のベットで、三番目のベット。

混乱の理由は、3 ベットのプリ・フロップを行う場合、実際には一連の流れで 2 回目のベットであるようにしか見えないからです。あるプレイヤーがレイズし、それに対して再度レイズすることにします。なぜ、これが「3 ベット」と呼ばれるかというと、一連の流れで、必ず必要な SB および BB の支払が 1 回目のベットと呼ばれるからです。そこで、オープンレイズが実際に「2 ベット」であるのに対して、再度レイズすることが「3 ベット」と呼ばれるのです。

このため、ポスト・プロップの 3 ベットについて混乱が発生するのです。相手方がフロップで連続してベットを行い、こちらがチェックレイズする場合を想像してみましょう。これは、明らかに一連の流れの中では 2 回目のベットですが、多くのプレイヤーは、通常 (それでも、誤って) 「3 ベット」と呼んでいます。本当に 3 ベットが行われるには、この例では、こちらのチェックレイズに対して、相手方が再度レイズする必要があります。

3 ベットが重要である理由

3 ベットでは平均してコールドコールより多くのお金が動くことを理解するのに大量の統計分析は必要ありません。連続するプリ・フロップの全体で 3 ベットを行わない唯一の理由は、こちらがあまりに攻撃的に 3 ベットを行っていると相手方が気付くと、これに対して調整し、こちらから搾取し始めるかもしれないということです。アイデアとしては、相手方が搾取的な調整をすることができないレンジで、可能な限り 3 ベットをやってのけることです。

簡単にすると、勝率を大幅に向上できるので、3 ベットを戦略に取りこむ必要があるということです

それでは、さまざまなポジションからのオープンに対する、3 ベットの可能性を考えてみましょう。

ボタンでの 3 ベット

コールしたときに、必ずポストフロップのポジションが保証されるので、ボタンは攻撃的に 3 ベットを行う良い場所です。

我々の 3 ベットのレンジは、バリューハンドの選択とブラフの選択に分かれます。ほとんどの場合、3 ベットをバリューするより、わずかにブラフを行うのが正しい選択です。この場合のポジションの効果は目立たなければなりません – ポジションがあるなら、より高い比率でブラフをやってのけることができます。

3 ベットをバリューする目的は、お金を儲けるために、より手が悪いプレイヤーによってコールされることです。3 ベットをブラフする目的は、ポットをプリフロップにダウンすることです。常に最高の手があるわけではないということは分かっていますが、相手方が時々フォールドすれば、利益を得ることができます。

通常は、2 カードではブラフしません。リバーから引くことで、強い 5 カードに伸びる可能性があるをピックするのです。こうした手は、多くの場合、プレイの可能性と儲けの素晴らしい組合せです。たとえば、Axs などです。

我々の 3 ベットのブラフの手が、コールドコールよりわずかに弱いことが一般的であるとしばしばわかりますが、これは必ずしも真実でありません。

3 ベット BTN 対 CO

以下のチャートで、我々の 3 ベットのバリューは明るい赤で表されており、3 ベットのブラフは暗い赤で表されています。

3 ベットのバリューのレンジ – 4.52%
3 ベットのブラフのレンジ – 9.05%
トータルの 3 ベットのレンジ – 13.57%

3 ベット BTN 対 CO

3 ベットのブラフと 3 ベットのブラフには大きなギャップがあることに注意してください。たとえば、ATs などのホールドです。こうしたホールドは通常はフラットなレンジになりますが、3 ベットのブラフを考えると、わずかに強いです。

BTN 対 MP

3 ベットのレンジが、MP オープンに対している場合より、わずかにタイトであることに注意してください。また、ブラフを使う手のタイプに注意することも重要です。

スーテッドコネクタなどの投機的な手は多くはありません。主に、良いエクイティであるレンジで、ブラフしています。この理由は、我々はたいていの場合、ポジションがあるときにより対決を始める可能性が高いということであり、実際のエクイティはそれほど重要ではありません。

こうしたレンジを OOP レンジと比較するなら、投機的な手は主にブラフのレンジを構成していることに気がつきます。こうしたタイプの手では、プレイの可能性がより重要なアウト オブ ポジションであるのに対して、エクイティはそれほど重要ではありません。

3 ベットのバリューのレンジ – 1.66%
3 ベットのブラフのレンジ – 3.32%
トータルの 3 ベットのレンジ – 4.98%

BTN 対 MP

BTN 対 UTG

当然のこととして、通常は強い UTG からのレイズに直面しているので、前の 2 つのレンジよりタイトです。

3 ベットのバリューのレンジ – 0.9%
3 ベットのブラフのレンジ – 2.11%
トータルの 3 ベットのレンジ – 3.01%

BTN 対 UTG

CO 対 MP

ここでは、BTN 対 MP の場合と数は同じであるものの、レンジが若干異なることに気が付きます。

これは、収益をあげてコールドコールすることができるか手についてすることです。対戦する相手が 2 人のプレイヤーしかいないので、実際には BTN よりわずかに広いレンジでコールドコールをすることができます。CO でのコールドコールは、少し収益が下がるので、より特定のタイプで 3 ベットを使いたくなります。

こうした理由から、BTN 対 MP の場合と同様の頻度でありながら、CO 対 MP の 3 ベットのレンジの方が少し強くなります。

3 ベットのバリューのレンジ – 1.66%
3 ベットのブラフのレンジ – 3.32%
トータルの 3 ベットのレンジ – 4.98%

CO 対 MP

CO 対 UTG

UTG オープンに対してであっても、まだ 3 ベットのブラフのレンジがあります。プレイヤーによってはこれを行いませんが、結果として、収益が得られる状況を失うことになります。

ただし、我々の 3 ベットのブラフ対 EP (アーリー ポジション) オープンは、通常、3 ベットのブラフ対 LP (レート ポジション) オープンより大いに強くなります。

3 ベットのバリューのレンジ – 0.9%
3 ベットのブラフのレンジ – 1.81%
トータルの 3 ベットのレンジ – 2.71%

CO 対 UTG

MP 対 UTG

ここでは、UTG に対してプレイし、4 人のプレイヤーと対戦することになります。ここでは、非常にタイトなレンジでプレイすることになります。

3 ベットのバリューのレンジ – 0.9%
3 ベットのブラフのレンジ – 1.51%
トータルの 3 ベットのレンジ – 24.1%

MP 対 UTG

3 ベット OOP

それでは、ブラインドから OOP を使うことができる、一部の 3 ベットのレンジについてさらに見てみましょう。

バリューおよびブラフの手の分布に関して、2 つの主な違いがあります。

  1. ブラフのモードは、「ポーラーライズ」です。ブラフの手が、エクイティが高い手に対して、より投機的な手であることが分かります。
  2. それぞれのバリューの手のアウトレンジには、ブラフはあまりありません。これは、主に OOP で行うことです - つまり、多くのブラフを行うのは難しいということです。ただし、ブラフではエクイティが少ないという事実にも関係しています (投機的であると想定) - 全体として、あまりブラフを行わないのが正しいことになります。

BB 対 BTN

このレンジは、2.5bb オープンに対する場合のためにデザインされていることに注意してください。ここで、前のレンジは 3bb オープンに対する場合のためにデザインされていました。現在のゲームでボタンに通じている場合、プレイヤーはわずかにサイジングを減らすことが一般的であるので、2.5bb は通常、より現実的な例です。

3 ベットのバリューのレンジ – 4.52%
3 ベットのブラフのレンジ – 5.43%
トータルの 3 ベットのレンジ – 9.95%

BB 対 BTN

BB 対 CO

我々の 3 ベットの戦略で、高度な分極化が発生していることに注意してください。バリューのレンジとブラフのレンジが明確に分離しており、エクイティが低い投機的なホールドを構成しています。

3 ベットのバリューのレンジ – 3.77%
3 ベットのブラフのレンジ – 4.22%
トータルの 3 ベットのレンジ – 7.99%

BB 対 CO

BB 対 MP

OOP 対 EP/MP のバリューレンジは、極めてタイトです。大半のケースでは、それは、効果的スタックが 100bb と想定して、3 ベット AA/KK (0.9%) のバリューだけが推奨されます。

3 ベットのバリューのレンジ – 0.90%
3 ベットのブラフのレンジ – 1.81%
トータルの 3 ベットのレンジ – 2.71%

BB 対 MP

BB 対 UTG

3 ベットのバリューのレンジ – 0.9%
3 ベットのブラフのレンジ – 1.51%
トータルの 3 ベットのレンジ – 2.41%

BB 対 UTG

SB 対 BTN

3 ベットのバリューのレンジ – 4.52%
3 ベットのブラフのレンジ – 6.79%
トータルの 3 ベットのレンジ – 11.31%

SB 対 BTN

SB 対 CO

3 ベットのバリューのレンジ – 3.77%
3 ベットのブラフのレンジ – 5.58%
全体の 3 ベットのレンジ – 9.35%

SB 対 CO

SB 対 MP

3 ベットのバリューのレンジ – 0.90%
3 ベットのブラフのレンジ – 1.51%
トータルの 3 ベットのレンジ – 2.41%

SB 対 MP

SB 対 UTG

3 ベットのバリューのレンジ – 0.90%
3 ベットのブラフのレンジ – 1.21%
トータルの 3 ベットのレンジ – 2.11%

SB 対 UTG

BB 対 SB

さらに、BB 対 SB という、非常に重要なレンジがあります。これは、「No-Limit Hold’em」の状況で非常に強力です。SB は、現在のゲームで非常に広くオープンであり、3 ベットがコールされた場合にポストフロップのポジションが保証されます。また、こちらが最後に行動することになっているので、こちらをブラフに追い込むプレイヤーについて心配する必要はありません。

3 ベットのブラフのレンジがどれほど広いから注意してください。これは、部分的には、BB 対 SB の状況でとても広くコールドコールできある場合にすることです。(我々は、多くの場合、コールドコールの手よりわずかに弱い手でブラフを選びます。)平均で、2.5bb SB オープンに対する BB からの手の約 50%、コールコールで 35%、3 ベットで 15% は守る必要があります。

3 ベットのバリューのレンジ – 6.18%
3 ベットのブラフのレンジ – 9.65%
トータルの 3 ベットのレンジ – 15.83%

BB 対 SB

まとめ

それでは、レンジに関する 2、3 の重要事項です。

まず、ここで概説したより、多くの相手方に対して、3 ベットが可能でなければなりません。その理由の 1 つは、ローリミットのゲームで、大部分のプレイヤーが必要であるほど攻撃的に 4 ベットではないということです。その結果として、理論的に正しいより広く、3 ベットをやってのけることができます。

覚えておくべきもう一つのポイントは、我々の 3 ベットのレンジは、オープン・レイズのサイズに応じて異なるということです。そこで、2.5x および 3x オープンに対する 3 ベットのレンジを見てきましたが、2x および 4x オープンに対するゲームプランも必要であり、これは通常直面する他のサイズより多くなります。

ここで検討したレンジは、単に未知の相手方に対する既定のレンジです。より詳細な情報が得られれば、通常は、より勝てる手段として戦略を調節することを考えます。

それでは、決して 3 ベットに対して降りない相手方がいたとしましょう。通常は、3 ベットの手への賭けを減らしますが、より広く、3 ベットのバリューを考えます。そして、相手方が、3 ベットに対してあまりに降りるならば、どうでしょうか?戦略、3 ベットのブラフを見直し、3 ベットのバリューに対して、より強いホールドのプリフロップとして、より慎重にプレイするでしょう。

About the Author
By

Chad Holloway は 2013 年 World Series of Poker ブレスレット獲得者および Mid-States Poker Tour のメディアディレクターです。 それ以前は、Halloway 氏は PokerNews のマネージングディレクター兼ライブレポーターとして世界中を 6 年間旅行していました。 

さらに、彼は全国紙でポーカーコラムを執筆し、Ante Up 誌のウィスコンシン州アンバサダーで、MSPT 誌の編集長を務め、Casino World 誌に寄稿しています。 また、彼は 888poker 誌の定期的な寄稿者で、2015 年にゾンビをテーマとしたポーカーまんが、World Series of Z

Related Content
ポーカー – 運だけが頼りのゲームなのか

ポーカー – 運だけが頼りのゲームなのか

6-マックス・ポーカーゲーム - 入門編

6-マックス・ポーカーゲーム - 入門編

自分のプリフロップハンドはどのくらい強いのか?

自分のプリフロップハンドはどのくらい強いのか?

ポーカーボットと対戦

ポーカーボットと対戦

ポーカーのカードカウンティングの有効性

ポーカーのカードカウンティングの有効性

3 発目のバレルを撃ち込む

3 発目のバレルを撃ち込む

より有利なポーカーベット

より有利なポーカーベット

ポーカーの基本

ポーカーの基本