自分のプリフロップハンドはどのくらい強いのか?

Font Size
A A A

おそらく、我々はここに来て、 ランク順に置かれたすべてのプリフロップ開始のハンドの包括的なリストを見られるのだと期待しているかもしれません。 問題は、そのようなチャートが存在しないことです。

説明するために、プリフロップオールインの状況で次の3ハンドの間で選択肢が与えられたとします。 どちらを選択しますか?

おそらく、これはあなたにとっての簡単な選択のように思えますが、おそらく二度目はありません。 これら3つのホールカードは、すべて強いカードです。 では正しい答えは何でしょうか?

それは対戦相手が何を持っているかによって 決定 します。 エクイティ計算をしてみましょう。

対戦相手がTh9hを持っているなら、AsKhを好むでしょう。

ハンドレンジエクイティ
Th9h39.87%
AsKh60.13%

我々は、ここでかなりお気に入られていることが分かります。 興味深いのは、対戦相手が22を保有していれば、我々が弱者になるということです。

ハンドレンジエクイティ
AsKh47.35%
2d2h52.65%

これは、2d2hがすべての3つあるうちで最も良いハンドという意味でしょうか? 答えはノーです。 Th9hに対して2d2hをアップした場合はどうなるか見てみましょう。

ハンドレンジエクイティ
Th9h53.50%
2d2h46.50%

あなたがじゃんけんをしたことがあるなら、おそらく同じような雰囲気をここで持っているでしょう。 3つのハンドには究極のベストハンドがなく、それぞれに弱点があります。

AKoはおそらく決定的な勝利を収められる最も強力な3つのハンドであると結論付けることができたのです。 しかし、これには一定の前提があります。ハンドの強さは常にポットエクイティに基づいているということです。 これは直感的に理にかなって論理的に見えますが、実際は間違っています。

これをもう少し詳細に分析する前に、利用可能なすべてのホールカードとそれらをグリッドで視覚化する練習し総括してみましょう。

プロフロップハンド

下のホールカードのグリッドが3つのそれぞれのセクションに分割されていることに注目してください。 これは、今はあまり重要視されていないかもしれませんが、将来的にハンドの読みを劇的に改善します。

グリッドの中心を通る斜めの緑色の線は、すべてのポケットペアのカードを表しています。 それぞれのポケットペアに6つの組み合わせ(スーツを含む)があり、合計78の異なるポケットペアがあります。

上のグリッドの右側には、青緑色でマークされたホールカードのスーテッドの組み合わせを我々が持っています。 それぞれの正方形は(スーツの)4つの組み合わせを表しています。 72の正方形があるので、合計で286個のハンドがあります。

グリッドの左側にはオフスーツのコンボがあります。 各正方形は12種類のハンドの組み合わせを表しています。 72の正方形があるので、合計864個のハンドがあります。

スーテッドと比較して、特定の所持するカードの3倍のオフセットコンボがあることに注意してください。 これはポストフロップのハンドを読む上で重要です。 グリッドの各半分が同じ量のハンドを表していると考えるために、上記のホールカードグリッドを見ると簡単に間違えてしまいますが、明らかにそうではありません。

相対的な強さ

とても大雑把にプリフロップのカードの強さを示すなら、一般的にはグリッドの上に行き、左に行くほどプリフロップの強さは強くなります。

しかし、グリッドの右下(すなわち22)のハンドがグリッドの左上に向かうハンドよりも強くなることが分かっているので、この一般的なルールに対する大きな例外があります。

私たちのプリフロップハントカードの強さは、我々が直面するシナリオ、および自分自身で見つけることができるさまざまな状況によって異なります。いくつかの例を考えてみましょう。

状況は重要!

我々は本質的に、他のプリフロップスタートハンドに対して、1つのプリフロップスタートハンドの強さに焦点を合わせてみました。

しかし、我々が最良のプリフロップを決定することを可能にするツールは、対戦相手の範囲と比較してスタートハンドの強さを考慮しています。

我々が注目すべき2つのことがあります-

  • ポジション
  • アクション

我々が3bb UTGに100bbの有効なスタックでオープンしているBTNにいるとします。 我々は、 AhTcを持っています。

これは、実際には、この時点において非常にマージナルな手持ちのカードです。アプローチとしては単純にフォールドすることを勧めます。

しかし、ポジションで少しだけプレイして、対戦相手がカットオフから始めていると思えたらどうでしょうか?

彼のオープニングレンジはおよそ2倍の広さで、AToは実際にかなり強いです。 コールドコールまたは3ベットのどちらかならば、大抵の場合、それは明らかにディフェンスです。

プレーヤーが犯す過ちは、自分と相手のポジションを考慮してハンドのバリューを考えないことです。ですから、 「プリプロップの際、何が起こったとしてもハンドの上位25%をディフェンスできる」を彼らは言うかもしれません。

22+, A2s+, K8s+, Q9s+, J9s+, T8s+, 97s+, 86s+, 75s+, 65s, 54s, 43s, 32s, ATo+, KTo+, QTo+, JTo

(ハンドの上位25%はこのように見えることに注意してください。プリフロップの範囲はこのフォーマットに示されることもあるので、慣れておくと便利です)。

アクションも考慮する必要があります。 UTGがUTGから3bbのオープンレイズを行い、我々がAcKdを使ってリレイズ(3ベット)することを決めたとしましょう。

対戦相手が4ベットを投げることにしました。 多くのプレーヤーはAA/KKなしでUTGから4ベットしないことを理解しておくことが重要です。 我々のAKoはプレミアムホールハンドですが、ここではうまくいかないでしょう。 それは絶対的な意味では非常に強力なハンドですが、我々の対戦相手との関係でアクションを考慮に入れた場合、それはマージナルハンドになります。 最良の選択肢はここでフォールドすることです。

しかし、もう一度、そのポジションでプレイしてみましょう。 今回はCOがオープンし、我々は3ベット、彼は4ベットを投げ出します。 我々のAKoは、COのより広い範囲に対してより良い形になります。そして最良の選択肢は、通常、100bbスタックのオールインで5ベットジャムをすることです。

遅いほどベター

意思決定に大きな役割を果たすのは相手のポジションだけではありません。 大まかなガイドとして、我々がいるテーブルの後のポジションでは、我々がプレイできる範囲が広がります。

これは、ポットがオープンしていない時にボタンからA7oのような、とても典型的なハンドでプレイしたいと思っていますが、UTGから直にフォールドするべきではありません。

これにはいくつかの理由があります。 1つ目は、テーブルの後ろのポジションでは、まだ数人のプレーヤーがおり、対戦相手の1人がプレミアムハンドで目を覚ます確率が低くなります。

2つ目の理由は、ポジションと関係していることです。 テーブルの特定のポジションは、ポストフロップのポジションでプレイできる可能性が高くなります。 これの最良の例はBTNであり、プリフロップで何が起こったとしても、我々は常にポストフロップのポジションになります。 ですから、「後のほうがポジションが良い」と言うとき、ここではブラインドに言及しません。 ボタンのプリプロップの後に、スモールブラインドが動きますが、それは常にポジション外のポストフロップになります。 そのため、通常、スモールブラインドはテーブルの最悪のポジションとみなされます。

対戦相手のタイプ

我々のプリフロップの範囲は、テーブルのプレーヤーによっても変わるはずです。 一般的な原則の1つは、自分のテーブルに弱いプレーヤーがいるとき、我々は少し広い範囲でプレイできるということです。

たとえば、我々はAd7dのUTGであり、通常このハンドのプリフロップをフォールドするでしょう。 しかし、我々はテーブルを見渡すと、SBとBBには2人の非常に弱い選手がいることに気付きます。 このハンドは標準的なオープンレイズではありませんが、この場合、弱い対戦相手を狙うために例外を作ることができます。

心に留めておくべきもう1つの原則は、我々の対戦相手が巨大なコーリングステーションであると仮定した場合、我々は投機的なハンド(63秒)などの高いエクイティハンド(Ax、Kxなど)を好みます。私たちはそれほど多くのホールドするためのコーリングステーションを得ることはできませんが、AハイまたはKハイのハンドが単純にベストハンドである可能性があります。 コールステーションに対し6ハイのハンドでチェックダウンするのは好ましいことではありません(我々は勝てないと分かっていますが、彼をブラフすることができません)。我々はこれらのハンドプリフロップでプレイしない傾向があります。

対戦相手が実際にポストフロップのハンドでレイダウンできると仮定した場合、我々はセミブラフを効果的に使うことができるので、通常はより投機的で高いプレイアビリティを保持することを優先します。

ロジックを使う

ホールカードのリストを単純に最強から弱い順に作成することは不可能なので、ポーカーは動的な意思決定のゲームであることを我々は受け入れなければなりません。

一つの状況では、グッドプリフロップハンドであったとしても、別の状況になれば、必ずしもグッドプリフロップハンドではなくなります。

重要なことは、冷静に考えること、そしてプリフロップの決定を下すときにロジックを使って能力を最大限に引き出すことです。 我々のポジション、プリフロップのアクション、スタックのサイズ、対戦相手のタイプに注意を払うならば、我々はプリフロップ範囲の構築について推測する知識を習得する必要があります。

興味をお持ちいただけましたか?    

弊社サービス向上に対するご協力ありがとうございます

     

Copyright 2002 - 2017 Cassava Enterprises (Gibraltar) Limited.は 888 Holdings plc の全額出資子会社です。
Cassava Enterprises (Gibraltar) Limited は欧州連合の一部であるジブラルタルで法人組織化されました。
888 Holdings plc は、ロンドン証券取引所上場企業です。
Cassava Enterprises (Gibraltar) Limited は、ジブラルタル政府法律のもと、オンライン賭博サービスを提供するためのライセンス (遠隔賭博ライセンス番号 022 および 039) を与えられるとともに、規制を受けています。尚、その他の司法権におけるオンライン賭博サービスの合法性を代表するものではありません。
弊社のイギリス国内でのサービスは ジブラルタルで法人組織化され 英国賭博委員会のライセンスおよび規制のもとに経営される 888 UK Limited が運営しています。
欧州単一市場加盟国での弊社サービスは (現地ライセンスの元で弊社サービスを提供している国を除き)、欧州連合の一部であるジブラルタルで法人組織化された Virtual Digital Services Limited が運営しています。
Virtual Digital Services Limited はジブラルタルの法律に基づき提供されている賭博ライセンスの後援を得て運営しています。
弊社の賭け行為向け製品はアイルランドでは 888 Ireland Limited という、ジブラルタルで法人組織化された企業が運営しており、同社はアイルランドの歳入委員会の認可を受けその規制にしたがっています。
弊社所在地:601-701 Europort, Gibraltar.
弊社では節度ある賭博を推奨し、GamCare を支援しています。