ビッグブラインドからプレイする

Font Size
A A A

近年ようやく、ビッグブラインドをアグレッシブにディフェンドすることの重要性をプレーヤーが理解し始めたばかりです。

ビッグブラインドからハンドの巨大なパーセンテージを単純にフォールドするプレーが選ばれ考えられました。なぜなら、私たちはポストフロップのポジションから外れてしまうからです。 何年も前まで時間を遡り、BBからBTNオープンの平均ディフェンスレンジがどのようなものだったのか尋ねられたら、通常は次のように示します。

わずか約10.56%のハンドのみがBTNに対して防御的と考えられていました。 KToのようなハンドでさえ、潜在的に「ドミネイト」になる可能性があるため、ディフェンドには弱すぎると考えられていました。 スーテッドコネクターは、コンプリートハンドではありませんでした。 我々がブラインドから決してスーテッドコネクタをプレイするべきではないということは、一般に受け入れられている事実でした。

現代のコールドコール

思い返してみると、平均的プレーヤーのブラインドディフェンレンジの緊張感は、やや笑われます。 ほとんどの人は、緊張してディフェンドしようなどと夢にも思いませんでした。ポジションを失っていたからです。 もちろん、我々はポジションの重要性を最低にまで落とすことを望んでいません。 ポジションが外れているという大きな欠点がありますが、これは、我々がすべてを単純にフォールド出来るということを自動的に意味するものではありません。

事実、ポジションが不利であったとしても、BBの合理的な幅広いホールドでディフェンスするのは正しいです。 その理由は:

  • 我々はコールするためにベターな価格を得ます(すでに1bb投じています)。
  • 我々はアクションを終わらせます(圧迫/オーバーコールされる危険がありません)。
  • 我々がレイトポジションに直面している場合、彼らは潜在的に非常に広いレンジのハンドをオープンしています。

BBとBTNのコールドコールと同じ状況で、ブラインドディフェンスするための現代的なアプローチを簡単に見てみましょう。

違いは非常に劇的です。 このグラフは、31.5%がフラットレンジであること示しています。正しいディフェンスだと考えられていた約3倍の数字です。

しかし、時間を遡って行くほど、今日のスタンダードでは、より多くの選手が超大規模な割合でオープンレイズを行う傾向があることを覚えておくことも重要です。 ある時点では、文字通りボタンを含むすべてのポジションから4bbをオープンすることがスタンダードと考えられていました。 最近では、誰かがボタンから4bbのオープンレイズをしているのを見たら、我々は、彼らはより弱いプレーヤーであると自動的に想定しています。 3bb、2.5bb、2.2bb、さらにはミニオープンを見るのがスタンダードになっています。

したがって、現代のディフェンス範囲の違いを考慮した場合にも、レイズする金額も考慮する必要があります。 上記のコールドコール範囲は、2.5bbオープンに対して設計されています。 オープンレイズサイズの違いは、正しいディフェンス頻度とみなされているものにかなり劇的な影響を与えます。

BTNからの2bbのオープンレイズに直面したとしましょう。コールドコールの範囲は次のようになります。

我々のディフェンスはおよそ50%の範囲です。 オープナーの0.5bbのわずかな変更が、我々がディフェンスしなければならないほぼ20%の範囲に影響を与えたのです! このため、プリフロップディフェンスをするための完全な戦略を試みるのは非常に複雑です。 我々は、オープンレイズのサイズに基づいて戦略に大きな調整を加える必要があります。

ポストフロッププレイ

今我々がコールドコールをする頻度が増えると、数回のポストプロップは頭を悩ませることになるかもしれません。 以前よりもはるかに広い範囲でプレイすることに慣れていない場合は特にそうです。

ポストフロップで使用可能なラインを認識するだけでなく、そのラインを使用することができれば、大きな利点が得られます。 いくつか検証してみましょう。

チェックレイズ

コールドコールの範囲を広げることを補う方法の1つは、ポストフロップの範囲で少しタイトになっていることを確認することです。 仮にフィットフォールド戦略のポストフロップを採用しただけでは、より広い範囲のプリフロップをディフェンスすることは、我々にとってもはや正しいとは言えません。 我々は、対戦相手が集めるための余分なチップをライン上に沢山並べているだけになります。

プリフロップの幅を広げ、ディフェンスする方法の1つは、潜在的に可能性があるフロップをアグレッシブにチェックすることです。 フロップと同様に、バリューのために我々がチェックレイズした値の2倍の数のブラフをチェックレイズすることが正しいと考えられます。 言い換えれば、フロップをチェックレイズするときのほとんどの場合、我々はブラフをしなければならないということです。

使用するベストなハンドは、リバーによる強力な5枚のハンドを作れる可能性のあるものです。 ストレートドロー、フラッシュドロー、グッドバックドアドローはすべて良い候補です。 この記事の後半でチェックライジングについて詳しく説明します。

フローティング

このプレイは、Cベットに直面した時のフロップでディフェンスするためのオプションです。 ハンドを作る条件としては、次のような戦略を取る必要があります:

2-ペアまたはそれより良いもの –3ストリート(チェックレイズしない場合)でチェックコールする
トップペア –2ストリートでコールし、リバーでフォールドする
セカンドペアの良いキッカー –2ストリートでコールし、リバーでフォールドする
セカンドペア、標準または悪いキッカー –1ストリートでコールし、ターンをフォールドする
ボトムペア –1ストリートでコールし、ターンをフォールドする。 (良いバックドアがある場合には、時にブラフをチェック/レイズします)

我々がなんかしらドロー(ショーダウンしても勝てるようなもの)タイプを持ってフロートすると仮定すると、これを行う理由を理解することは非常に重要です。 次のシナリオを想像してみてください。

UTG (100bb)
MP (100bb)
CO (100bb)
BTN (100bb) Villain
SB (100bb)
BB (100bb) ヒーロー

ヒーローに Jh9hが配られています。

UTGフォールド、MPフォールド、COフォールド、BTNがオープンで2.5bb、SBフォールド、ヒーローがBBで1.5bbをコール。

フロップ(5.5bb)

KcQc5d

BTNが4bbをcベット。ヒーローが4bbをコール

我々はガットショットの下端を持っています。 したがって、我々はここでコールするべきです。 なぜでしょうか? 我々は正しいポットオッズを得ていますか?

実際は得ていません。 私たちは、合計13.5bbあるポットに4bbを投じています。これは、ターンでヒットさせる必要があることを意味します。

4/13.5 = 29.6%

では、実際にどれくらいの頻度でヒットするのでしょうか? 我々は4アウツ(使えないカードは短時間で無視されているものもあります)を持っています。これは、ターンの8%(4%*2)ぐらいの確率で引き当てられることを意味しています。

うーん...我々は直接ポットオッズを取得しないので、ここではインプライドオッズに頼らざるを得ません。 我々のインプライドはどのように見えているでしょうか? 実際には、それほど良いものではありません。 まず、リバーにより、16%の確率でしか引き当てられませんが、たとえ引き当てたとしても、ナッツ(最高のハンド)を得られることはありません。

我々はストレートのローエンドを持っており、クラブのためにアウツの一部が揃え難くなっています。 ターンで良いカード引き当てたとしても、リバーで3番目のクラブがフォールし、インプライドオッズにダメージを与える可能性がまだ残っています。

さて、我々のポットオッズは悪いので、インプライドも悪いです。 なぜコールするのでしょうか?

この問題に分かりやすく答えるために、まずポーカーにおける「フロート」がなんであるのか定義してみましょう。

後のストリートでポットを取る意思を持って、マージナルハンドでコールします。

多くの人がこれを理解しているわけではありませんが、我々が絶対にコールしなければならない主な理由は、このハンドが後のストリートでしっかりとしたブラフとなるからです。 事実、それは時々セミストロングなハンドをターンまたはリバーすることができるという追加ボーナスになります。 どんなハンドを打ったのか見てみましょう。

UTG (100bb)
MP (100bb)
CO (100bb)
BTN (100bb) Villain
SB (100bb)
BB (100bb) ヒーロー

ヒーローに Jh9hが配られています。

UTGフォールド、MPフォールド、COフォールド、BTNがオープンで2.5bb、SBフォールド、ヒーローがBBで1.5bbをコール。

フロップ(5.5bb)

KcQc5d

ヒーローがチェック、BTNが4bbをcベット、ヒーローがコールして4bbに上げます。

ターンカード(13.5bb)

3c

ヒーローがチェック、COがチェックバックします。

リバー(13.5bb)

7d

ヒーローが8bbをベット、COフォールド。

現在、改善する必要なしにハンドで勝てる方法があるので、フロップコールは+EVになり始めます。 我々は、マージナルハンドをフロートし、それがバレでしまった場合、それに関連するブラフの機会は取らないでください。最初はハンドフロトしないほうが得策なのです。

私たちは後のストリートでハンドをブラフにしてターンする必要があると言っているわけではありませんが、ここで対戦相手は彼のターンチェックで弱点を示し、ポットを離れさせる明確な機会を示しています。 このタイプのラインは リバープローブとも呼ばれます。 ターンで同様のラインを使用することも可能です。

ターンプローブ

実際には、対戦相手が継続してベットを仕掛けたときではなく、彼がチェックバックした時に、我々がお金の大半を占めています。 我々がブラインドOOPでコールドコールをし、対戦相手がCベットを撃たないと仮定した場合、すぐにポットを彼から離す良い場所を探すべきです。

同様のハンドを見てみましょう、大きな違いがあります。 我々の対戦相手は、彼がフロップをcベットしたくないのだと決めています。

UTG (100bb)
MP (100bb)
CO (100bb)
BTN (100bb) Villain
SB (100bb)
BB (100bb) ヒーロー

ヒーローに Jh9hが配られています。

UTGフォールド、MPフォールド、COフォールド、BTNがオープンで2.5bb、SBフォールド、ヒーローがBBで1.5bbをコール。

フロップ(5.5bb)

Kc7h5d

ヒーローがチェックします。BTNがチェックバックします。

ターンカード(5.5bb)

Td

ヒーローが4bbをベット、COフォールド。

ここでは、 ターンプローブと呼ばれるものを見ることができます。 対戦相手はフロップをチェックバックして弱点を暗示しました。我々はセミブラフとしてターンをリードすることでこれをアドバンテージし、利用します。 この例ではガットショットを取り上げましたが、ローリミット下限の多くの対戦相手に比べて、このラインを使用するために、ターンエクイティをする必要性すらありません。 2枚のカードをここでベットするのは対戦相手の大半と比べて有利です。

しかし、対戦相手からターンプローブをコールされるとどうなるでしょうか?

UTG (100bb)
MP (100bb)
CO (100bb)
BTN (100bb) Villain
SB (100bb)
BB (100bb) ヒーロー

ヒーローに Jh9hが配られています。

UTGフォールド、MPフォールド、COフォールド、BTNがオープンで2.5bb、SBフォールド、ヒーローがBBで1.5bbをコール。

フロップ(5.5bb)

Kc7h5d

ヒーローがチェックします。BTNがチェックバックします。

ターンカード(5.5bb)

Td

ヒーローが4bbをベット、COコールド。

リバー (13.5bb)

3s

ヒーローが9bbをベット、COフォールド。

ローリミットゲームでは、対戦相手がフロップをチェックバックするたびに、2ストリートをブラフとして撃つだけで、自動的に利益を得ることができます。 これは必ずしも常に撃つ必要があるとは限りません。 しかしながら、対戦相手の範囲と具体的に持っているカードは考慮するべきです。

このケースでは、対戦相手がターンすることができるドローが数回あります。これは、リバーで容易にフォールドします。 彼らの数人は、我々のハンドを攻撃し、ドローを失敗させました。たとえばQJのような高いカードを、OESD (オープンエンドストレートドロー)でターンさせたなどです。

次のようにです:

  • 我々の対戦相手は、自分でフォールドできる範囲でハンドを持っています。
  • 我々はわずかなショーダウンバリューしか持っていません。

この時点で、我々のハンドをブラフにターンさせるのは理にかなっています。

これを総合します。

ビッグブラインドポストフロップをディフェンスする際に当然使用できる他のラインもありますが、主なものをカバーしました。

フロップのチェック/コールに続く、ターンでのチェック/レイズは、ブラフとバリューの両方で、試してみる価値のあるラインになり得ます。

また、若干非正統なフロップへのチェック/コール、ドンクベットへのターンは、適切な状況で非常に効果的になります。

これを延長することで、ブラフとバリューのような予想外のリバーラインに対し、フロップのチェック/コール、ターンでのチェック/コールをすることも可能です。

しかし、これらは通常、やや高度なラインになります。 最初に述べたプリフロップディフェンス範囲と他の3つのポストフロップラインにまず習熟することをお勧めします。

フロップのチェックレイズ
プローブリバ
プローブターン

興味をお持ちいただけましたか?    

弊社サービス向上に対するご協力ありがとうございます

     

Copyright 2002 - 2017 Cassava Enterprises (Gibraltar) Limited.は 888 Holdings plc の全額出資子会社です。
Cassava Enterprises (Gibraltar) Limited は欧州連合の一部であるジブラルタルで法人組織化されました。
888 Holdings plc は、ロンドン証券取引所上場企業です。
Cassava Enterprises (Gibraltar) Limited は、ジブラルタル政府法律のもと、オンライン賭博サービスを提供するためのライセンス (遠隔賭博ライセンス番号 022 および 039) を与えられるとともに、規制を受けています。尚、その他の司法権におけるオンライン賭博サービスの合法性を代表するものではありません。
弊社のイギリス国内でのサービスは ジブラルタルで法人組織化され 英国賭博委員会のライセンスおよび規制のもとに経営される 888 UK Limited が運営しています。
欧州単一市場加盟国での弊社サービスは (現地ライセンスの元で弊社サービスを提供している国を除き)、欧州連合の一部であるジブラルタルで法人組織化された Virtual Digital Services Limited が運営しています。
Virtual Digital Services Limited はジブラルタルの法律に基づき提供されている賭博ライセンスの後援を得て運営しています。
弊社の賭け行為向け製品はアイルランドでは 888 Ireland Limited という、ジブラルタルで法人組織化された企業が運営しており、同社はアイルランドの歳入委員会の認可を受けその規制にしたがっています。
弊社所在地:601-701 Europort, Gibraltar.
弊社では節度ある賭博を推奨し、GamCare を支援しています。