,

対戦相手のミスを突いてオンラインバンクロールを築く

投稿者:
Font Size
A A A

多くのポーカープレーヤーは、自分の戦略はうまくいくはずという自信を持っています。 実際、多くの人は、自分が多くの時間を費やしていることに関しては、たいていの場合、自分はうまいと思ってるはずです(特に少し成功を収めている場合)。

自分がかなりの時間を費やしている物事は、誰も自分が下手とは思いたくないでしょう。

あなたがローステークスやミッドステークスのゲームでプレイする場合、あるいはポーカーの新参者である場合、厳しい現実が待っています。ほぼ間違いなく、あなたの戦略には大きな欠陥があります。 辛辣に聞こえるかもしれませんが、一生懸命スキルを磨かない限り、これは真実です。 あなたのゲーム運びにたくさん穴がある場合は、最低ラインまたは下手なポーカープレーヤーから強いポーカープレーヤーに比較的早く変身できる可能性があります。 

この記事では、ローおよびミッドステークスでプレーするプレーヤーが常習的に犯す大きなミスと、それを逆手に取る方法について説明します。 何が間違いかが分かれば、向上の道が開けます。そして、ポーカーテーブルでもっと稼ぐことができるようになるでしょう。

ローステークスでよくあるミス

基本的にすべてのローステークスプレーヤーは、戦略に大きな穴を持っています。 彼らが上手にプレイできれば、もっと大きく勝てる場へレベルアップしていたでしょう。 気晴らしでプレーするローステークスプレーヤーが、「リスクを冒したくないので上のレベルに行きたくない。ローリミットゲームが居心地が良い」と言うのを何度となく耳にしました。 居心地が良いのはけっこうですが、人生のあらゆる局面で真に自身を向上させたいなら、何が可能か、その限界を常に押し広げなければなりません。

簡単で快適なことに甘んじる者は、誰も大きくなれません。

多くのプレーヤーが、ゲームに勝ってお金を得ることに無頓着なのは知っています。 彼らは「楽しみ」のためにプレイします。 Bankroll Builder Challenge に参加して$10 を $888 にする場合は、勝つためにプレイしていることに気づいてください。 単純にそういうことです。

あなたが勝つためにプレイしているなら、自身に正直であり、自分の戦略の欠点を直視しなければなりません。

あまりにもストレートなプレイ

ローステークスプレーヤーの大半は、失敗します。なぜなら、注意深いプレーヤーには、彼らのハンドの強さがあからさまに分かるからです。 彼らはあまりにも単純にプレイしすぎるのです。

強いハンドのとき、彼らは大きく賭けます(あるいは、スロープレーをして、次に大きくレイズする)。 ハンドの強さが中程度のときは、彼らは低額か中額のベットをします。 ハンドが弱いときは、チェックします。

本当に単純にそういうことです。

このような戦略でプレイするプレヤーと出会ったとき、最善のカウンター戦略は、彼らが正直にプレイすることを前提にすることです。 K-9-7 ボードに K-J など、強いがプレミアハンドではないハンドをあなたが持っている場合を考えましょう。あなたがプレミアハンドで大きなレイズをしたがる、と思い込んでる単純な対戦相手が大きなレイズをした場合は、簡単にフォールドです。 A-K ですら、この時点でフォールドになるかもしれません(相手が K-Q、K-J、K-T を過大評価している場合を別にして)。

あるいは、注目ポットの K-9-7 にあなたが良いポジションで 5h-4h を持っているケースを考えましょう。あなたが強および中強のハンドでベッドを継続すると思い込んでいる、単純なプリフロップレイザー(プリフロップでレイズしたプレーヤー)がチェックすることにした場合、 あなたは少なくともフロップとターンでブラフをかけるべきです。

相手があなたの立ち位置を教えてくれると、ポーカーは簡単です。

あまりにもトリッキーなプレイ

これとは正反対に、ローステークスプレーヤーの中には過度にトリッキーな方法でプレーする人たちがいます。 このようなプレーヤーは、A-A や K-K 以外なら、フロップ前にプレイ可能なハンドならなんでもレイズするでしょうが、後で難儀することになります。 または、彼らはプレミアハンドを持っていないければ、毎回フロップでベットするかもしれません。

このような傾向を持った人に出会ったときは、尋常でないプレイの仕方を鋭く察知してください。 何かが「正常」でないと思われるときは、通常は相手のハンドが異常に強いか、異常に弱いと考えてよいでしょう。 しかし、一般的には異常に強いことが多いでしょう。

対戦相手がプレミアハンドを持っている場合は、それを上回る可能性のあるナッツハンド(その時点で最も優勢なハンド)とドローにのみ執着すべきです。

決まったやり方で少数のハンドをプレイする

最悪のプレイスタイルは、間違いなく決まったやり方法で少数のハンド(あるいは1ハンドのみ)をプレイするプレーヤーでしょう。 その典型的な例は、J-J 以外のあらゆるプレイ可能なハンドで、フロップ前にビッグブラインドで 3 にレイズするプレーヤーが、5 にレイズする場合です。

対戦が楽になるからといって 1 つの特定のハンドを使用する場合は、対戦相手には知られたくないものです。 言うまでもありませんが、 基本的に安全にプレイしている間に、対戦を難しくするために最大の努力をしていることになります。 

このようなリーク(弱点)はさまざまな形で現れます。例えば、最初のポジションで A-A のみでリンプインしたり、 8 のポケットペアで $0.88 にレイズしたり、 あるいは、ドローのみでフロップで大きなベットをするなどのアクションです。

対戦相手のアクションに注意を払ってください。このような挑戦的な態度に気がつけば、完璧に対抗することができます。

"保護"のためのレイズ

ローステークスプレーヤーにとって最も高くつく間違いの 1 つは(特に賭け金レベルを上げるとき)、"保護"のためのレイズと考えて、フロップやターンでまずまず強いハンドでレイズすることです。 対戦相手がべらぼうな対価を払わずに先駆けできないようにするために、大きくレイズしたがります。

しかし実際には、 大きなレイズによって、対戦相手の取るに足らないハンドや役に立ちそうもないドローをフォールドに追い込みます。どちらも、ドローに望みが薄いということで。 対戦相手がドローイング シン(望み薄のドロー)のとき、彼らをポットに入れて、追加の獲得金を絞り出したいものです。 対戦相手があなたのカードを見透かすかのようにプレイしているときは、相手は上手にプレイしています。 相手が上手にプレイしているなら、あなたは儲けを最大化できていません

この流れを逆手に取る方法は、大きなレイズにはフォールドすることです。対戦相手のレイズ幅が不調な場合や、あなたのドローでポットオッズが見返りのあるものになり、さらにオッズが伸びる可能性のある場合は別ですが、そうでなければフォールドすることです。

まあ一般的には、それなりに単純そうなプレーヤーがべらぼうなレイズを行うときは、張り合わないほうが賢明です。

強いがプレミアでないハンドを過大評価する

前出のリーク(弱点)と同様、多くのローステークスプレーヤーは、激しく攻撃される局面を迎えても、そこそこ強いハンドを放棄できません。 例えば、この手のプレーヤーが A-K でレイズし、4 人のプレーヤーがコールしたとします。 フロップは K-Q-7 です。 このような場合、彼らはベットしたり、レイズします。さらに、コールやリレイズをし、しばしばオールインしてしまうこともあります。 よくあることですが、彼らは対戦相手が K-Q または 7-7 のベストハンドを持っているのを見てショックを受けます。 ポットに賭け金がたくさん集まると、対戦相手がクズのワンペアのハンドを過大評価する傾向にない限り、彼らはトップペアが壊れてしまうことに気づきません。

強いキッカーが含まれるトップペアなどのように、ナッツではないがそこそこ強いハンドをあなたが持っているとき、ベットしてレイズされたら、通常はコールすればよいのです。 あなたがここでリレイズすると、対戦相手に対してブラフを続けることはほとんど不可能になります。 リレイズして、相手が継続した場合、相手はあなたを負かしたり、引き分けに等しい結果を得ることがよくあります。

その代わりに、相手のレイズに対してコールするだけにしておけば、レイズの幅に余裕を持たせたまま、相手をポットにキープしておくことができるでしょう。その結果、あなたが優位になる可能性があります。 対戦相手のフロップでのレイズ幅が、ナッツハンドのみの場合は、話は別です。そのような場合には、フロップのレイズでフォールドすべきです。

あなたがナッツハンドを持たない場合は、ブラフと劣勢のハンドで相手をキープするのが最善の選択です。 特に他の手段が、対戦相手にとっては、あなたを負かすナッツハンド以外のすべてのハンドにフォールドすることである場合はそうです。

ミッドステークスでよくあるミス

ミッドステークスになると、ほとんどのプレーヤーはあまり弱点を見せません。 この状況は、ミッドステークスで生き残るためには、最低限、合理的にプレーしなければならないからです。 したがって、こういったゲームでは、あなたはまだエッジ(優位性)を保つことができるかもしれませんが、ローステークスのゲームに比べれば、そのエッジはそれほど大きくないでしょう(ビッグブラインドに関して)。

ミスは捉えにくい

ミッドステークスプレーヤーのミスは、しばしばかなり微妙なものです。 例えば、最適な継続的ベット率が 70% なら(そうでない場合もある)、過度にアグレシッブなローステークスプレーヤーは、100% の機会、ベットを継続するでしょう。 それに対して過度にアグレシッブなミッドテークスプレーヤーの場合は、85% の機会、ベットを継続するでしょう。

ミッドテークスプレーヤーのミスは、ローステークスプレーヤーのミスよりも額が少ないですが、それでもつけ込む隙はあります。

特定の対戦相手が犯す間違いを見抜き、それに対してあなたが何をすべきかを発見するのは、あなたの注意次第です。

ファンシープレイ症候群

そこそこ力のあるポーカープレーヤーを悩ます主な間違いは、おそらくファンシープレイ症候群です。 これは、しばしば自分の自尊心をくすぐるために、何かしら定期的に手の込んだプレイをしなければならないと感じることです。

彼らは対戦相手が下手だから勝つのではなく、自分が“目を見張るような”プレイをするから勝つのだという誤った考えを持っています。 このようなファンシーな(派手な)プレイは、本質的に健全なプレイとはかけ離れており、ほとんどの場合、その実践は長期的には非常に高くつきます。

確かな根拠もないのにスタンドプレイに走るのはやめて、本質的に健全な戦略を育てることに努めてください。 私は、あなたが対戦相手のミスを利用することには全面的に賛成しますが、 自分の“カッコよさ”を相手に見せつけるために、毎回大きなブラフをしかけることは、きっぱりとやめたほうがいいでしょう。

相手に見せつけているのは、あなたが自己認識を欠いているということにすぎません。

むやみにブラフしない

直前の論点では、私が「ブラフはやめておきなさい」と言っているように聞こえるかもしれませんが、 ブラフはポーカーの重要な要素であり、成功したいならマスターする必要があります。 行き当たりばったりにブラフをかけるのではなく、理にかなったやり方で実行すべきです。

一般的には、スーテッド(同じスーツの)エースやジャンクのスーテッドコネクター(同じスーツの連続したホールカード)など、フロップでプレミアムハンドになるチャンスのあるカードを持っているとき、プリフロップでブラフを仕掛けるとよいでしょう。 あるいは、1 枚のエースを含むハンドなどのように、相手が強いハンドを持つことを困難にするハンドもそうです(手元に 1 枚のエースがあるのであれば、デッキに残されたエースは 1 枚少ないことになる)。

フロップとターンでは、7c-5s-3s に Js-8s や 9c-8c などのように、ハンドを向上させるチャンスがあるドローが来たら、軽くブラフをかけたいものです。 どちらのハンドもショーダウンで勝利を収める確率は低いですが、 ターンでそこそこ良いハンドやプレミアハンドになる可能性があることに注目してください。

リバーでのブラフは複雑なトピックであり、数行では説明できません。 簡単に言えば、リバーで勝負するつもりなら、 通常は、あなたがバリューベット(利益を最大化するベットまたはベット額)を考慮するハンド数の半分程度をブラフします。 したがって、50 種類のハンドがバリューベットの対象なら、ポットサイズのベットをすると仮定して、約 25 の組み合わせのハンドでブラフをかけることができます。

リバーのベットサイズが小さくなったら、少数のブラフの組み合わせでベットしてください。 リバーのベットサイズが大きくなったら、より少ないブラフでベットしてください。 対戦相手が頻繁にフォールドしすぎると思わない限り、バリューベットとブラフの比率は 1:1 を超えてはなりません。 ブラフよりもバリューベットを行いたいものです。

リバーでのベットのとき、コールするほど強くないハンドや相手がナッツを作るのを困難にするカードを含むハンドで、ブラフでレイズするという手があります。

例えば、相手がフロップ、ターン、リバーでベットして、9c-8s-6s-4d-3c となった場合(あなたは 7-7 では弱すぎるのでコールしたとします)、7-7 は Ks-Qs よりもはるかに優勢なブラフハンドです。 2 枚の 7 をホールドすることで、対戦相手がストレートを作るのはより困難になります。 しかし、あなたが Ks-Qs(スペード 2枚)を持っている場合は、相手がフラッシュドローでブラフをかけてくる可能性は低くなります。つまり、別のハンドを作る可能性のほうが高いということです。

対戦相手がうまくプレーしているのであれば、あなたの全ハンドレンジが、すべてのバリューハンドか、すべてのブラフのどちらというケースには、滅多に遭遇したくないでしょう。 あなたのハンドレンジにまったくブラフの可能性がないと思う場合は、あなたのプレイは正直すぎます。 逆にバリューハンドがほとんどないと思う場合は、プレイがワイルドすぎます。

バリューベットとブラフをまったく同じようにプレイすることで、相手を悩まし続け、あなたとの対戦を困難にします。

無心でプレイする

本質的に健全で、筋の通った強力な戦略を打ち立てたら、それをまめに調整し、完璧なものにする努力を続けることが重要です。 この戦略は、言うに易く、行うに難しです。なぜなら、多くのミッドステークスプレーヤーは、そのうち飽きたり消耗したりして、機械的にプレイをすることになります。

感情を大きく揺らさずにプレイするのは素晴らしいことですが、気を配らないのは得になるとは言えません。 ポーカーをプレイしている間は、ポーカーに集中してください。

他に何かしたいのであれば、ポーカーのプレイ中に考えるのは理想的ではありません。

まとめ

ご覧のとおり、これらのミスの多くは、本質的に健全な戦略でプレイすることを学ぶことで簡単に直せます。 多くのプレーヤーが、ポーカーについて「自分にしかない戦略を実行すれば成功する」という考え方に挑戦します。

数学的に明らかに間違いであると証明されたプレイの仕方を続ければ、 結局、あなたはお金を失うでしょう。 最高峰のプレーヤーの研究に時間を費やし、なぜ彼らが自分たちが思い描いたとおりのプレイをするのかを理解することを強くお勧めします。

あなたが自分のポーカーゲームを上のレベルに引き上げることに本気で取り組んでいるなら、 あなたの欠点を素早く突き止めることができる、適格なコーチを雇ってください。たぶん、自分で完全に気づくことは難しいでしょう。 何がうまくいくかが分かれば、成功への道は開けます。 

$10 を $888 にするプロセスがうまくいくことを願っています。 質問があったらツイッターで、@JonathanLittle に遠慮なく問い合わせてください。

グッドラック!

興味をお持ちいただけましたか?    

弊社サービス向上に対するご協力ありがとうございます