ポットコントロールは、非常に注意深く扱う必要があるトリッキーなテーマです。 これは、しばしばポットコントロールの考えがプレーヤーにリスクのある決断をさせる原因になります。 弱いプレーヤーが普段より速く損する原因はポットコントロールにあります。

ポットコントロールを単純に考えてはいけません。 まず最初に必要な最も重要なコンセプトは、相手をアグレッシブに拒否するアイデア、それらのエクイティに気付く能力です。 この非常に重要なポーカー原則は、ポットコントロールという原則と反します。

一般的に用語ポットコントロールにより意味されているものを正確に定義しましょう。 明確にポットコントロールを使用したくない状況を考え、ポットコントロールが適用する正しい原則になる状況を考えます。

ポットコントロール – 概要

非常に単純なポットコントロールは、適切なサイズでポットを維持するために小ベットをチェックまたは作るのには.

非常に便利なものです。

これまでの記事から、ポットコントロールが特に有効なコンセプトじゃないことに気が付いたかもしれません。 プレーヤーの大多数が極めて悪い人だった、ポーカーの暗い時代の数年前に由来します。

ポーカーの役についての議論で頻繁に表すのにポットコントロールを使用しました。今はそんなに多く使用されていません。 そして、たぶん、次の10年、ポットコントロールは、良いプレーヤーが後ろ振り向き笑うものの1つになるでしょう。

ポットコントロールを適用しない場合

普通のプレーヤーがポットコントロールを使用してなかった10年前の代表的な状況を見てみましょう。 有効であった理由、そして今なぜ問題なのか考えて見ましょう。

6人。NLHE

UTG (100bb)
MP (100bb)
CO (100bb)
BTN (100bb) Hero
SB (100bb)
BB (100bb)

Hero配布KhKs

UTGフォールド。 MPフォールド。 COフォールド。 Hero3bbオープン。 SBフォールド。 BBコール。

フロップ (6.5bb)

Jc7c2h

BBチェック。 Hero5bbベット。 BBコール。

ターン (16.5bb)

8c

BBチェック。 Hero?

まずいターン。 ストレート、フラッシュ、ツーペアの組み合わせ。 ここで勝てる見込みができました。

それでは、10年前プレーヤーはのどういう決断をするのか? 直ちに防御モードに入り、ポットが遠くなるのを防止しようとします。 バックをチェックすることで、ポットのサイズをコントロールし、小さくしておくことができます。 その時、快適であると思う環境でリバーの決断をすることができます。

しかし、論理的であるようですが全て間違っています。 現代のプレーヤーは、このターンがビッグミステイクであることがわかります。 理由はいろいろあります。

  • Jx、ストレートドロー、フラッシュドローなど、最悪な持ち手から価値のある物を抜き取ることができます。
  • 相手のエクイティシェアを弱い持ち手でホールドアウトします。
  • 頻繁にフリーショーダウンを自分で購入します。 ターンをベットして、相手がチェック/コールする場合、相手はOOPへリバーをチェックできます。
  • チェック/レイズを「恐れる」必要はありません。 チェック/レイズされたらクラッシュすることになるので、降りたほうが良いでしょう。
  • 相手はワンカードフラッシュドローをターンするかもしれません。 チェックすると、相手にただで有益な20%のエクイッティを与えることになります。
  • チェックすると、悪いカードはリバーで価値のあるものを取り出すことができなくなります。
  • チェックすると、相手がブラフするチャンスがあります。特に悪いリバーカードの場合。
  • ターンチェックは弱さが露呈しブラフをしやすくします。 バレルを続けると、露呈します。

これは始まったばかりです。 ですが、チェックの期待値に比べてベット期待値のほうに非常に興味があります。 提供されるベットは、さらに高いEVを持っています(それはたいていそうです)。これは必要なオプションです。 上記説明は、ベットには高い期待がある理由で視覚化することに役立ちます。

ポットのサイズを「コントロールする」ことができる考えについて少し皮肉的なことがあります。 タームをチェックバックしたとすると、相手はリバーでオールインを単純にシャブする可能性もあります。 それでは、後のストリートでいずれかのベットサイズを作る能力を相手がまだ持っている時に、ポットのサイズを「コントロール」持っていると本当に言えるのか?

その意味では、ポットのサイズを本当にコントロールできる唯一の時は、リバーでアクションする最後でベットやチェックバックのいずれかのオプション4を持っている時です。

ポットコントロール – 現代

ポットコントロールを適用することが正しい場合でも、基本はそのメイン理由が重要です。 いくつか例題を見てみましょう。

6人。NLHE

UTG (100bb)
MP (100bb)
CO (100bb) Hero
BTN (100bb)
SB (100bb)
BB (100bb)

Hero配布AdTd

UTGフォールド。. MPフォールド。 CO3bbオープン。 BTNフォールド。 SBフォールド。 BBコール。

フロップ (6.5bb)

Jc7c

2h

BBチェック。 Hero?

ほとんどのゲームでは、チェックバックよりここでベットする方が良いでしょう。 これは、ポットコントロールが誤用される別のタイプの状況です。

「う~ん、セカンドペアしか持ってなくて、スリーストリートの価値より弱いので、フロップをポットコントロールしよう」。

ここでのポットコントロールは少し不安があります。 ボードはスーパードローであり、相手に無料で莫大なエクイティ1トンを与えるわけにはいきません。 セコンドペアのトップキッカーは、このタイプのテクスチャーの価値を取り出すことができる役でもあります。

ただし、タイプのボードテクスチャーのスーパーアグレッシブなチェック/レイザーが相手であると仮定します。 ここで、フロップをチェックバックを考える理由ができます。 これをすることができるという主な理由は単純です。チェックのEVはベットのEVより高くなるので、ベットした場合に即座にチェック/レイズやバレルができます。

実際にはこの決断でポットコントロールのコンセプトを必要としません。

6人。NLHE

UTG (100bb)
MP (100bb)
CO (100bb) Hero
BTN (100bb)
SB (100bb)
BB (100bb)

Hero配布AdTd

UTGフォールド。. MPフォールド。 CO3bbオープン。 BTNフォールド。 SBフォールド。 BBコール。

フロップ (6.5bb)

Ac6h2s

BB チェック。. Hero?

これは、ポットコントロールが最適な状況に近いです。 これが「ウェイ アヘッド、ウェイ ビハインド」と言われる状況です。 ボードの本質を考えて見ると、いずれかの相手によりよいエースまたはセットでクラッシュさせられるか、77のようなものでスーパースリムをドローします。

ここでは、ターンとリバーでツーストリートをチェックして取りに行きます。. それはさらにもう一度ポットコントロールです。フロップチェックの理由を明らかにするの、ポットコントロールのコンセプトは本当は必要ではあfりません。

  • フロップチェックで弱さを表し、相手のターンとリバーのブラフのチャンスを増やします。
  • フロップチェックで弱さを表し、より悪い相手のターンとリバーのコールのチャンスを増やします。
  • 手がツーストリートだけで、ボードがフリーカードを与えても影響しないほどドライです。
  • 非常に大きい、またはストリートが多いベットは、「ウェイアヘッド」である範囲部分に対して隔離できます。

この状況においてでも、フロップでベットを行うことは間違いではありません。 たぶん、相手はフロップをワイドにフローするのが好きか、コーリングステーションです。 特に低リミットゲームでは、ややストレージフォワードポリシーを取り入れることができます。 トップペアを持っているので単純にベットできます。相手は勝ち取るには十分ひどいです。

パッシブプレーの注意

アグレッションはお金になるということです。 従って、アグレッシブオプションよりパッシブオプションを選ぶ非常に具体的な理由が必要です。 たぶん、ポットコントロールスキルを向上させるためにここにいて、基本ポットコントロールにそんなに煩わされてないのでなんか騙されている感じがするかもしれません。 そして、また、これは、起こる可能性のある最もよい1つでもあります。

ポットコントロールが、ポーカー戦略の一般的に、広く受け入れられた部分であるので初見の型にはまらないドバイスのように思われているかもしれません。 ポーカープレーヤーとして成長するのに必要な重要なスキルは、そのソースに関係なく知る必要があるすべてです。 ポットコントロールのコンセプトが絶え間なく続く質問の元にある限り、対応しきれなくなっています。 概念としてその妥当性を真剣に再考必要があります。

About the Author
By

Chad Holloway は 2013 年 World Series of Poker ブレスレット獲得者および Mid-States Poker Tour のメディアディレクターです。 それ以前は、Halloway 氏は PokerNews のマネージングディレクター兼ライブレポーターとして世界中を 6 年間旅行していました。 

さらに、彼は全国紙でポーカーコラムを執筆し、Ante Up 誌のウィスコンシン州アンバサダーで、MSPT 誌の編集長を務め、Casino World 誌に寄稿しています。 また、彼は 888poker 誌の定期的な寄稿者で、2015 年にゾンビをテーマとしたポーカーまんが、World Series of Z

Related Content
LAGポーカー戦略の理解と利用

LAGポーカー戦略の理解と利用

ROI - その意味とは?

ROI - その意味とは?

数学を使ってポーカーテーブルを打つ

数学を使ってポーカーテーブルを打つ

TAGポーカー戦略の理解と利用

TAGポーカー戦略の理解と利用

Tips and Guidelines to Set-Mining Success

Tips and Guidelines to Set-Mining Success

M率 とは何か?

M率 とは何か?