ポーカートーナメント戦略の初心者向けヒント

Font Size
A A A

もし夢を追っているのであれば、トーナメントポーカーがおそらくすべてのプレイヤーのファンタジーに対する答えになるでしょう。王者のタイトルを手に入れ、おまけに人生がガラッと変わるだけの額の賞金を手に入れることについてなにか不満な点があります?

しかし、多くのプレイヤーがいとも簡単にポーカートーナメントではデッドマネーと化していきます。彼らが決勝テーブルに勝ち進むまたは優勝する確率はほぼ皆無といっていいでしょう。そうならないでください!

しかし、これらすべてを堅実なテキサスホールデムのトーナメント戦略プランがあれば変えることができます。そしてもちろん、あなたは勝利に向けての有効なプランを作れなくてはなりません。このガイドでは、タフなトーナメントプレイヤーになる方法を伝授します。もうだれも二度とあなたのバイインを自分たちの成功への足掛かりだと誤解するようなことがなくなります。

トーナメントポーカー戦略:主な内容

最初に、初級および中級レベルのトーナメントプレイヤーがタフなトーナメントプレイヤーになるために集中的に身につけるべき 5 つの主要なポーカートーナメント戦略に関するヒントを検討していきます。そうです、誰もがテーブルに着いて顔を上げたときにお目にかかりたくないようなプレイヤーです。

そうはいっても、覚えることがありすぎて、トーナメント中にあれこれ考えることがありすぎるのも良くありません。これらの 5 つの基本的なヒントが、今後の学習に向けてのしっかりとした基礎を提供しつつ目の前のタスクに集中するのに役立つことでしょう。

さぁ、そろそろ次回の戦いに向けてしっかりと武装するときです…

1. 序盤、中盤、終盤のステージを乗り切る

どのポーカートーナメントにも序盤、中盤、終盤ステージがあります。しかし多くのプレイヤーが単純に各ステージを同じ方法でプレイします。おおざっぱにいうと、トーナメントの終盤ステージはそれより前のステージよりもより攻撃的にプレイすべきです。

その大きな理由のひとつは、ブラインドが開始時点が最も少額だからです。追加のチップを手に入れるために大きなリスクを背負う必要はありません。そのうえ、タイトプレイヤーであるというイメージを他のプレイヤー達に植え付けることができれば、後のステージで自分のゲームを開始し (ポジションでより多くのハンドをプレイし) た時に一層の敬意を払われます。

MTT の序盤およ終盤ステージで A-9 オフスートをプレイする

A-9 オフスートのようなハンドは、MTT の序盤ステージにおいてあっさりとマックプリフロップをヒットしてしまうことがあります。終盤ステージではバブル後、このハンドはより一層プレイ自在になります。お辞書んで レイズするかまたは 3 ベットに持っていきます。

トーナメントが進むにつれ、さらに多くのプレイヤーが敗退し、ブラインドが増加します。今こそもっとリスクを冒すときです。より大きなブラインドで、チップスタックとブラインドの比率がどんどん小さくなっていきます。プレミアムハンドを待ちながらシットアウトを試みたとしたら、最後にブラインデッドアウトしかねません。それじゃおもしろくないでしょう!

あなたのまわりのプレイヤーは自分のテーブルにいる人も他のテーブルにいる人も含めて多額のポットを獲得し、相当の大きさのスタックを大量に集めています。ビッグスタックはより大きく、そしてトーナメントのリーダーたちはさらに差を広げて先へと進んでいきます。

ですから中盤ステージでは気合を入れて頑張りましょう。この段階ではボタンがあなたの親友になります。より攻撃的なプレイヤーがさらに大きなスタックを築こうと試みる中、より弱いプレイヤーは積極的にフォールドして賞金獲得を狙います。彼らに飛びつきましょう!ポジションに着いたら、ブラインドを奪取することを視野に入れ彼らの恐怖心を逆手に取ります。トーナメントの後半部分では、ブラインドはかなり大きくなりますので、総合的にリスクを冒す価値はあります。またスターティングハンドのレンジも開放し、ペアをクラックできるハンドも含めます。スーテッドコネクターおよびスモールペア (をセット枚にングを視野に入れて) は良い候補です。

終盤ステージではチップの温存がカギとなります。スタックを築くこともまだ重要です。しかし、前の 2 つのステージで苦労して築いたチップの大部分を奪われるリスクを背負う理由はあるでしょうか?生き残りのプレイヤーを特定し、彼らのバーストしかねないという恐怖心を餌食にしましょう。

ということで、新参トーナメントプレイヤーにとっての良好な既定戦略は、最初のいくつかのレベルではタイトにプレイを開始するということです。トーナメントが進むにつれ、少なくても各プレイ段階中にダブルにすることでレンジを広げていきます。このゴールを目指すことで、初期のラウンドを生き残り、ほぼ毎回中盤ステージへと進めることでしょう。

2. プッシュかフォールドか?

では 10 ビッグブラインド以下にスタックを決して下げな手はいけないということをちょうど思い出したところから始めるとして、あっさりとタイミング良いところでプッシュかフォールドすれば、よりやり手なトーナメントプレイヤーになるでしょう。質問の余地はありません!

しかし、堅実なプランをもってしても、時には何事もうまくいかず、スタックが下がってしまうこともあります。こういう事態に陥ったら、普段は冒さないリスクを冒さざるを得ないでしょう。チップは空前の賞金となり、それを手にするには相当な大胆不敵さを要します。だからと言って突然オールインすれという意味ではありません!このセクションのタイトルが「プッシュかフォールドか?」だということに気づいてください。- 「どうでもいいさ、オールイン!」でありませんね。

たとえば、MTT で中盤ステージに進出したとします。BB × 4 のレイズがあり、その後 3 ベット (リレイズ) オールインがその後ろであるとします。100/200 のブラインドで、あなたの残りの $2K チップをエースラグでリスクに晒すのはまともな人間のやることではありません。この状況で「プッシュかフォールドか」の概念の出番になります。この状況では、ショーダウンでベストハンドをださなければ勝てません。フォールドし、より良いスポットを待つ - たとえスタックに 10BB しか残っていなくても - のは正しい決断です。

総じて、ショートスタックでオールインをコールできるのは唯一 AA または KK のような非常に強力はハンドを持っている場合かまたはあなたのスタックがあまりにも低く他に選択肢がない場合のみです、スタックがあまりにも低くなり過ぎたときは、なりふりかまわずオールインをプッシュすべきです。もう、ポーカーの女神が微笑みかけるのを待って慎重に行動している猶予はありません。

その一方で、並みのハンドでプリフロップでオールイン仕様と決断すれば、勝てる確率を 2 倍にできます。その理由は?全員がフォールドし、あなたがブラインドを獲得できるかもしれないからです。コールされたら、それでもまだ運よくショーダウンで勝てるかも知れません。マルチウェイポストフロップアクションに関しては、プッシュするかフォールドするかのタイミングを知ることは少々難しくなります。対戦する相手が多いほど、それに伴いあなたの勝率は低くなります。

プッシュすべきかフォールドすべきかを判断するのに活用できるチャートがたくさん出回っています。下記はボタン特有のものですが、ほぼテーブルのどのポジションからでもそれに対するチャートを見つけることができます。

3. トーナメントに対するベットのサイズ決定

Bet sizing can be the difference between making a final table and busting early.基本的にはトーナメントにおいてベットサイズの決定が関わってくる場面は 2 回あります - プリフロップとポストフロップです。どちらも見てみましょう:

  • プリフロップのベットサイズ決定

    すべてのトーナメントにおいて、自分のテーブルで起こっていることとマッチするプリフロップレイズを行うべきです。対戦相手に妥当だと思わせる必要があります。他の誰もが BB × 2.5 をレイズしているのに自分だけ BB × 5 をレイズしたら目立ってしまいます。


    プレイヤーの中にはこの類の戦略が功を奏します。しかし、初心者の場合は、標準的なプリフロップレイズ額にしたがうのが無難でしょう。さて、トーナメントが進行するにつれ、自分のスタックのサイズに基づいてこの額を少々上げたり下げたりすることができます。

  • ポストフロップのベットサイズ決定

    フロップが出揃ったら、すべてのベットが始まります!ここでは自分が何をしているのか分かっていなくてはなりません。ほぼすべての状況において、あなたがプリフロップレイザーであれば、ベットすべきです!およそ 50 ~ 70% のポットが良好なコンティニュエーションベットサイズ (c ベット) です。


    この額があなたのハンドの強さを決定するのに役立ちます – 対戦相手にあなたがまともなカードを持っているということをわからせましょう。サイズを小さくするとレイズまたはチェックレイズされかねません。サイズを大きくすると、並みの手持ちカードでコールしオールインしなくてはならない事態から抜け出せなくなるかもしれません。

適切な c ベットのサイズ決定関する例をみてみましょう:

MTT の序盤ステージでブラインドが 25/50 でプレイしていたとします。あなたは BB × 2.5 の額を Ad-Qs を伴うハイジャックからレイズします。ボタンがコールし、SB がフォールドし、BB もコールします。フロップで Qh-9d-2s が出ます。ここで、あなたはトップキッカーを伴うトップペアを手にします。誰かが Q-9 スーテッドを持っているかもしれないと少々不安にはなるものの、ボードは扱いやすそうです。ポットの 2/3 の c ベットが良い動きでしょう。ミドルペアをまず片づけ、弱いキッカーを伴うクイーンを手繰り寄せます。

トーナメントが終盤ステージに入るにつれ、この数字をポットの 25 ~ 30% に下げても良いでしょう。いいですか、チップの方がよっぽど価値があり、しっかりと捕まえておきたいところです。今はその場の空気で過度に攻撃的なベットをすべき時ではありません。むしろポットサイズと対戦相手のベットをコントロールすることの方がよほど重要です。

  • プリフロップ 3ベットのサイズ決定

    適切な量がわかったら、3 ベットはなかなかやりがいがあります、特にその間にコールするプレイヤーがいる場合は。たとえば、あなたが (45BB の) トーナメントの中盤ステージに進んでいて、AK スーテッドでカットオフという状況に直面したとしましょう。ミドルポジションが (30BB ビハインドで) BB × 2.5 でオープンレイズしハイジャックプレイヤーが (25BB で) コールします。


    健全な 3 ベットをここで投入したいところですが、さて適切な金額は?対戦相手に残りのハンドに対し対しポジションを確保していることを考えると、最初のレイズ額× 3 が妥当なところです。しかし、その間のコーラーはどうでしょう?はい、マルチウェイポットでは、余分な資金と潜在的 3 ベットコーラーのことを考慮に入れなくてはなりません。最初のレイズ額× 1 を各角コーラーにつき加算します。この場合では、レイザーを除けばコーラーは 1 名なので、3 ベットは最初のレイズ額× 4 になります。


    では、アウトオブポジションの時は、1 名の対戦相手と対決している場合は 3 ベットを最初のレイズ額× 4に設定すべきです。複数のコーラーがいる場合は、それぞれに対し× 1 を、それの他に最初のレイズ額× 1~2 を加算します。この額があなたのハンドを守り、潜在的なフロップにしがみつくプレイヤー達を間引きできます。

常に覚えておくべきは、状況に注意深く目を向け、ベットサイズをそれにしたがって調節することです。ハンドの勝敗を分けることになります。

4. 決勝テーブル進出

このセクションでは、ポーカーの「聖杯」である決勝テーブルに進出するための由緒正しきアドバイスをいくつか授けます。最初に、トーナメントポーカーではすべての大罪中の大罪を犯さないようにしましょう。スタックでチップを「所有」していると仮定しましょう。これはキャッシュゲームではありません。席をさっと立ってチップを払い戻すことはできません。トーナメントチップの価値はキャッシュチップのそれと同等ではありません。完結に言うと、最終的に賞金プールを 100% 獲得するプレイヤーはいません。

トーナメントでは、決勝テーブルこそが本当の big money があるところです。底に到達するまでには集中力と大きな努力が必要です。あなたがチップリーダーだったとしても、チップを持ちすぎるということは決してありません。この機会を利用してゲームをタイトに締めてきているプレイヤーをうまく利用しましょう。彼らは決勝テーブルに進みたいのですが、方法が間違っています!

こちらがより頻繁に決勝テーブルまで勝ち残るための 5 つのヒントです:

  1. 攻撃的でい続ける – 特に大会終盤にかけては:対戦相手が自分たちのチップにしがみついていようとしている間、自分のチップを使ってさらにチップを増やしましょう。例えば、中程度のスタックのプレイヤーが常にボタンをブラインドに対してフォールドしていることに気づいたとします。レイトポジションでこの知識を使って彼らのボタンをチャンスがやってくるたびにレイズします。彼らがブラインドにプレッシャーをかけることについて検討していないのであれば、あなたがすべきです!

  2. ショートスタックにプレッシャーをかけ続ける:ショートスタックプレイヤーがトーナメントの終盤にそうなるにはいくつか理由がありますが、通常はひどい負け方をしたか過剰にタイトで受け身なプレイが原因です。朗報は、この両方をうまく利用してあなたが健全なスタックを従えて決勝テーブルに勧めるように役立てることができるということです。ぼろ負けをしたプレイヤーからの「やけっぱち」の 3 ベットから目を離さないようにしつつ、可能なら残りのチップをいただくこのチャンスをうまく利用します。タイトで受け身なプレイヤーへはブラインドをあきらめ、おっかなびっくりのウェットなボードではポストフロップをフォールドするようプレッシャーをかけます。

  3. 徐々にタイトに締めてきているプレイヤーを探す:決勝テーブルに近づくと、チップを失うのが怖くなるプレイヤーの数がぐっと増えます - 容易に見つけられます。彼らは すべてのボタンをレイズすることからBB をフォールドするあるいは SB ミニレイズまでフォールドまでした人たちです!あなたに対してしたくないアクションに乗り出しできるだけ多くのブラインドおよびオーファンドポットを彼らから奪いましょう。

  4. ゲームの幅を広げる – 特にあなたがディープスタックの場合は:小さな池の中の大きな魚でいることにはそれなりの利点があります。そのひとつがテーブルの他のプレイヤー達全員を脅すことができることです。決勝テーブルはあともうちょっとのところにあり、誰もこの段階で敗退はしたくありません。より頻繁にブラインドを奪いに行き、相手が弱いと思ったら、ミドルポジションのレイザーに 3 ベットを仕掛けましょう。

  5. チャンスと思ったら毎回ブラインドを奪う:すでに口が酸っぱくなるほど言ってきたことですね。決勝テーブルに近い終盤ステージではブラインドはかなり膨らんでいます。そして大抵アンティがおまけに投入されています。怖がり屋さんのふりをしてレイズすべき時にブラインドに対してフォールドするのはやめましょう。

5. 時を得た攻撃性がトーナメントで勝利する

攻撃性がトーナメントでの勝利をもたらすというのは誰もがご存知ですね?しかし、その本当の意味とはなんでしょう?すべてのレイズにおいて 3 ベットするきちがい?あなたのブラインドを必ずレイズしてくるプレイヤー?あるいはレイザーに対してベットせずにはいられないヤツ?手短な回答は「ノー」です。長い説明付解答はもっと複雑になります。

ポーカートーナメントでの攻撃性とは、生き残りとチップ蓄積の絶妙なバランスを取るアクションのことです。チップを維持できなければトーナメントでディープにプレイすることはできません。一方、それらのチップを失う危険を冒してさらに多くのチップを獲得しなくてはチップは築けません。

しかし、無謀にチップを投げ出していたら、生き残り決勝テーブルへと勝ち進む確率はかなり低くなります。“時を得た” 攻撃性が最大の関心事です。

降雨劇的になることで、勝利する確率が最も高くなるチャンスを狙うべきです。トーナメントが進むにつれ、ブラインドがより大きくなり、より攻撃的なプレイが求められます。これらの終盤ステージにおいて、どんどん増えるブラインドとアンティのペースに取り残されないようにするだけでも、より一層攻撃的にプレイする必要があります。

例えば、トーナメントの最初の方で J-9 スーテッドをカットオフからフォールドしたとします。終盤ステージに突入する頃には、同じポジションからレイズしているかもしれません。確かに、レイズはビッグブラインドが原因で少額かもしれませんが、より攻撃的にプレイしていることには変わりありません。

別の、時を得たうまくコントロールされた攻撃性が求められる攻撃的なプレイが「孤立(アイソレーション)」プレイの一種です。

例を見てみましょう:

とーねメント終盤ステージの最中で、200/400 のブラインドでプレイしていたとします。UTG プレイヤー (10K 分のチップ所有) が BB × 3 をレイズしてきました。MP2 (8K 分のチップ所有) がコールします。あなた (30K 分のチップ所有) はポケットテンでボタンで起きます。ブラインドはセミショートスタックなため素早くフォールドします。このタイミングはあからさまな 3 ベットにもってこいです - オールインでもいいかもしれません。

この動きのカギとなるのはアナタは自分のトーナメント生き残りを全く危険にさらしていないということです。コールされたらあなたではなく彼らがオールインです。あなたは争う余地のないポットをすくい取って満足するるかまたはより小さなスモールペア (または劣るハンド) でコールされプレイヤーをバストするかのどちらかです。

何事にも怖気づかない大胆なプレイスタイルを作り上げることは非常に有効です。「おっかなびっくりプレイする」プレイヤーをうまく利用するのに役立ちます。ブラインドを奪うチャンスに直面したら、チャンスを生かしましょう。でも混ぜて使うようにしましょう。すべてのラウンドで常にボタンから行ってはいけません。カットオフもブラインドを奪うポジションとしてはまずまずです。そして、対戦相手がベットしたいがためにベットしていると疑わしいときは c ベット (コンティニュエーションベット) に挑戦することを恐れないようにしましょう。

要は、攻撃性がなければ決勝テーブルまで到達しその先へ進むことができないということです。これが「もう一歩だったのに」と「よし、手に入ったぞ」との分かれ目なのです。

プレイの本番に移る用意はいいですか?弊社の驚きのポーカートーナメントをお試しください!

興味をお持ちいただけましたか?    

弊社サービス向上に対するご協力ありがとうございます

     

Copyright 2002 - 2016 Cassava Enterprises (Gibraltar) Limited.は 888 Holdings plc の全額出資子会社です。
Cassava Enterprises (Gibraltar) Limited は欧州連合の一部であるジブラルタルで法人組織化されました。
888 Holdings plc は、ロンドン証券取引所上場企業です。
Cassava Enterprises (Gibraltar) Limited は、ジブラルタル政府法律のもと、オンライン賭博サービスを提供するためのライセンス (遠隔賭博ライセンス番号 022 および 039) を与えられるとともに、規制を受けています。尚、その他の司法権におけるオンライン賭博サービスの合法性を代表するものではありません。
弊社のイギリス国内でのサービスは ジブラルタルで法人組織化され 英国賭博委員会のライセンスおよび規制のもとに経営される 888 UK Limited が運営しています。
欧州連合加盟国での弊社サービスは (現地ライセンスの元で弊社サービスを提供している国を除き)、欧州連合の一部であるジブラルタルで法人組織化された Virtual Digital Services Limited が運営しています。
Virtual Digital Services Limited はジブラルタルの法律に基づき提供されている賭博ライセンスの後援を得て運営しています。
弊社の賭け行為向け製品はアイルランドでは 888 Ireland Limited という、ジブラルタルで法人組織化された企業が運営しており、同社はアイルランドの歳入委員会の認可を受けその規制にしたがっています。
弊社所在地:601-701 Europort, Gibraltar.
弊社では節度ある賭博を推奨し、GamCare を支援しています。